きつねの四柱推命
- 人類の叡智の結晶 -
-命術の帝王 四柱推命の奥義-

  • Image 01

    宿命とは生まれ背負うもの

  • Image 02

    運命とは選択する未来の道

  • Image 03

    自身が秘める将来の可能性

  • Image 04

    生日に示された先天的能力

  • Image 05

    自分自身を知り未来を知る

  • Image 06

    最高に輝く人生をあなたに

四柱推命 > 無料四柱推命 > 年柱で占う幼年期の運勢
 

■無料四柱推命 目次


■年柱で占う幼年期の運勢

四柱推命における年柱を元にして、幼年期の運勢の傾向と盛衰を占います。四柱推命の年柱は幼年期の運勢を表すという背景があり、年柱を構成する十干十二支を紐解くことで、幼年期における性格や環境、恋愛の傾向などを占うことができます。


生年月日時の入力


生年月日:


出生時間: 性別:

出生場所:



年柱で占う幼年期の運勢
年柱で占う幼年期の運勢

四柱推命は生年月日が必須になり、出生時間が不明な際は三柱での看命になります。 出生が海外の場合、その国の標準時と出生地の自然時を考慮し、手動で時間調整してください。


子平(八字)は中国風水術の基本となり、先天的な性格や運勢と宿命を推察するものです。 環境を整え、先天的に持つ能力や可能性を最大限に発揮するのが風水術になります。 四柱推命は子平や八字の日本独自の呼称です。

■年柱で占う幼年期の運勢


■年柱で占う幼年期の運勢の結果

[入力] [結果] [幼年] [青年] [壮年] [晩年]


四柱推命における年柱を元にして、幼年期における性格や運勢の盛衰を占います。 四柱推命における各柱の年齢域の概念を背景としており、ここでは年柱を構成する十干と十二支を基準にして幼年期の運勢を紐解きます。 四柱推命の格となる日柱と年柱との関係性から幼年期の恋愛傾向や環境、人間関係などの傾向性を占うことができます。


生年月日と四柱推命の命式

生年月日:年 月 日
出生時間:時 分   性別:性
出生場所:--( )
節入:12月07日 07時11分 節入前
基準:11月07日 21時24分 25日経過

時柱日柱月柱年柱季:冬
蔵干
劫財 -- 食神偏官天星
比肩食神劫財偏官地星
建禄長生帝旺十二運
空亡辰 巳 正官 正財

天干と地支蔵干の逢十二運
時柱日柱月柱年柱季:冬
蔵干

時支日支月支年支
天干強弱
冠帯-2
建禄0
建禄長生帝旺5
帝旺建禄3

地支時支日支月支年支
蔵干強弱
冠帯-2
帝旺建禄3
建禄0
建禄長生帝旺5
命式の各干支同士の関係性
時柱日柱月柱年柱季:冬
--
--
--
--
--
--
--
--
空亡
▼幼年期(00~19歳前後)の運勢:年柱-己未の詳細分析

[入力] [結果] [幼年] [青年] [壮年] [晩年]


▼幼年期の運勢の傾向と評価

▼幼年期の運勢の図表

幼年期の各分野における運勢の傾向と評価の図表になります。

年柱で占う幼年期の運勢

▼幼年期の運勢の傾向

総合評価 : 2 / 6
評価 評価 評価 評価 評価 評価
比較的不安定な不良な運勢となります。


▼幼年期の特別な要素

時柱日柱月柱年柱対象
年柱
--
--

※三合会局


▼幼年期の評価の図 詳細解説

評価が高い分野では、質が高く満足できる結果となり、評価が低い分野では、利益が無く不満が多く残る結果となります。


要素評価点数
総合評価2 / 6
性格運勢3 / 6
恋愛結婚4 / 6
周辺環境3 / 6
健康状態2 / 6
仕事金運2 / 6
人間関係2 / 6

▼幼年期の評価 補足事項

各分野や運勢がどのような内容や方向性を示しているのかを解説しています。


要素幼年期 詳細
総合評価幼年期の運勢の総合評価
性格運勢性格の評価と運勢の水準
恋愛結婚恋愛結婚の成功と幸福度
周辺環境周辺環境からの評価支援
健康状態身体と精神面の健康状態
仕事金運仕事や学業と金銭の水準
人間関係人間関係と社交性の水準

■幼年期 年柱 天干:己 の詳細分析
年干:己の図象と象意
年干:己の図象と象意

年干:己の象意と傾向

象意 : 豊饒な大地

陰の土であり大地を象徴する


多芸多才で人情を尊重し深い愛情を求める


田園 田畑 泥 湿土 努力家 柔軟性 持久力


幼年期の取り扱い法

思い通りに展開しない状況と環境が嫌い。望む状況や方向性を確認しておくこと。その時の気分や機嫌に素直に耳を傾けること。他の誰よりも優先して考えていることを示してあげると良い。


幼年期の性格 年干:己

年干「己」の人は、順応性が非常に高く、どのような環境や待遇においても適応することができます。柔軟性があることからあらゆることを吸収し、多芸多才となる器用さも秘めています。また、穏やかな物腰で人が良さそうな雰囲気を持つため、周囲に人が集まる人気者となります。努力家で勤勉でもあり、地味な仕事や作業でも淡々と向き合える忍耐強さを持ち、内面は非常に充実しています。要領が良いことから多くのことを担う立場となりますが、内心は複雑であり好機も否定的に捉えてしまう傾向も。どちらかというと消極的であるため、好機を逃しやすいことや、強引な人に都合よく利用されてしまうこともあります。特別な愛情や見返りを求めることがあり、重い恋愛になることや、相手に面倒に思われて引かれてしまうこともあるのが玉に瑕です。


▼幼年期における長所と有利な点

柔軟性があり環境に適応できる 器用で多芸多才になる傾向 努力家で忍耐力もある 物腰柔らかく周囲に人が集まる


▼幼年期における短所と不利な点

何事も中途半端で器用貧乏になる 空気が読めず周囲に流される 消極的で強引な人に利用される 愛情が重くなる


■幼年期 年柱 地支:未 の詳細分析
年支:未の図象と象意
年支:未の図象と象意

年支:未の象意と特性

象意 : 炎帝の大地

陰の土であり夏季の大地を象徴する


妥協せずに意地を張るが気前は良い


未:昧 四庫 理論性 温和 推理力 平和主義


幼年期の欲求と本能

保守的で自分の世界観を堅く守り過ぎる。意地を張り妥協を許さず融通性に欠ける。腰が重く保守的であり考えばかりで面白味に欠ける。否定的で気苦労が絶えないため安心させてあげること。


幼年期の本能的欲求 年支:未

年支「未」の人は、安定と平和を何よりも尊重し、心が広くあること、柔軟で丁寧であることを望む本質を持ちます。豊かな内面性であることを美徳とし、積極的に行動するよりも、受動的で包容力に溢れた立ち位置や状態を求める傾向にあります。人間関係の中では、中心で落ち着いて安定と安泰を守りたいという安定型で腰の重い性質も持ちます。周囲からは温厚で人が良く、頼りになる存在であることや、何でも相談できる相談役として確固たる地位を築きたいという願望が強くなります。財産や信頼などを集めることに対しては積極的な欲望も持ち合せ、表立って行動することはありませんが密かに計画を進めて事を起こしています。全体的に危険を冒してまで無理な挑戦は避けたいと望むため、平和で安泰となる充実した人生となることが期待できます。決断力はあっても挑戦的な行動力に欠けてしまうため、大きな好機が訪れた際にも動けずに逃してしまうのが難点です。


▼幼年期の周囲に対しての欲求と長所

保守的で平和主義のため安定した人生になる 柔軟性と包容力があり周囲を惹きつける 内面性が充実しており人が良い


▼幼年期の周囲に対しての不満と短所

行動力に欠けるため好機を逃してしまう 意地を張ると妥協せずに面倒に発展する 地味で確実な性質で面白味に欠ける


■幼年期 年干支:己未の詳細分析
年干支:己未の図象と象意
年干支:己未の図象と象意

年干支:己未の心と体

象意 : 豊潤の沃野

陰の木と土であり季夏の大地を象徴する


年干支 幼年期の背景:己未

年干支:己未の人は、非常に地味ながらも忍耐力が旺盛であり、環境や仲間と共に成功発展することを求めます。心が穏やかであり友愛精神に富み、自分だけの成功や幸せを求めず、周囲と喜びを分かち合う傾向にあります。積極的な行動力や決断力には欠けますが、周囲に合せて努力し、陰で支える柔軟性と協調性を秘めています。自分が何を望み何を考えているのかが、自他共に良く分からないことがあり、周囲に埋もれることもあります。必要な時に必要な物が得られるため、苦労も最小限になりますが主体性に欠けるため、損をする傾向もあります。


▼幼年期の背景における長所と利点

周囲と共に発展する友愛精神 必要な時には必要なものが得られる 円満な関係と環境を享受する


▼幼年期の背景における短所と欠点

主体性が無く決断力や行動力に欠ける 周囲や環境に埋もれる 意思表示が不明瞭で流されやすい


年柱十二運 幼年期の禍福:墓
年柱十二運 幼年期の禍福:墓

年十二運:墓の影響

影響を受けている先祖:方の先祖
先祖供養に熱心で墓を守っていた先祖


年十二運 幼年期の禍福:墓

年柱十二運「墓」の人は、どのような状況の中でも、親や先祖との関係を大事にすることを好みます。努力と忍耐を嫌うこと無く、目的達成のために地道に取り組む傾向にあります。苦境でも耐えられる開き直りの強い精神があり、本当に負けることを知りません。経済的観念に長け、貯蓄もできますし遺産などに恵まれることもあります。


▼幼年期における長所と評価

非常に強い精神力を持ち負けを知らない 計算力があり資産形成ができる


▼幼年期における短所と問題

負けを悟ると立ち直ることができない 忍耐することが多く消耗する


■幼年期 年柱天の通変星:偏官-冠帯の詳細分析
年天星 幼年期の環境:偏官
年天星 幼年期の環境:偏官

環境に求めるもの

義理堅く改革心を内に秘める人


年柱天星「偏官」の人は、仕事に対して積極的であり、向上心や行動力のある相手を求める傾向にあります。仕事熱心でもあり、仕事への価値観が合う相手や仕事への姿勢に敬意を持てる相手を求めます。義理人情に篤く、職場を改革しようと熱心に取り組むような相手を好みます。真面目ながらも個性的で、強い理念をもつ相手との縁が強くなる傾向にあります。


▼幼年期の環境における傾向と特徴

先導してくれる相手との縁が強い 干渉されることから恋愛に発展する 仕事観が重要になる


▼幼年期の環境における縁のある人

個性的で強い理念を持ち尊敬できる人 仕事への熱意を持ち真面目な人 義理堅く改革心を秘める人


幼年期の環境の禍福:冠帯
幼年期の環境の禍福:冠帯

居十二運:冠帯の影響

影響を受けている先祖:父方の先祖
身分が高く資産家であった徳のある先祖


幼年期の環境に対して:冠帯

年天星-居十二運「冠帯」の人は、心が純粋で優しくもあり、周囲の人を世話することを好みます。見返りを求めること無く、人のために尽力するため自然と多くの徳を積む傾向にあります。困った際には支援者にも恵まれ、難局も乗り越えることができます。自分本位な面もあり、良かれと思ってやることもお節介になってしまうこともあります。


▼幼年期の環境に対する長所と評価

心穏やかで優しく誠実さもある 自然と人を手助けして徳を積んでいる


▼幼年期の環境に対する短所と問題

他人に干渉し過ぎておせっかい 見栄を張り自分本位になりやすい

■幼年期 年柱地の通変星:偏官-冠帯の詳細分析
年地星 幼年期の交際:偏官
年地星 幼年期の交際:偏官

人間関係に求めるもの

義理堅く改革心を内に秘める人


年柱地星「偏官」の人は、仕事に対して積極的であり、向上心や行動力のある相手を求める傾向にあります。仕事熱心でもあり、仕事への価値観が合う相手や仕事への姿勢に敬意を持てる相手を求めます。義理人情に篤く、職場を改革しようと熱心に取り組むような相手を好みます。真面目ながらも個性的で、強い理念をもつ相手との縁が強くなる傾向にあります。


▼幼年期の人間関係の傾向と特徴

先導してくれる相手との縁が強い 干渉されることから恋愛に発展する 仕事観が重要になる


▼幼年期の縁のある人の特徴

個性的で強い理念を持ち尊敬できる人 仕事への熱意を持ち真面目な人 義理堅く改革心を秘める人

幼年期の交際の禍福:冠帯
幼年期の交際の禍福:冠帯

座十二運:冠帯の影響

影響を受けている先祖:母方の先祖
身分が高く資産家であった徳のある先祖


幼年期の交際に対して:冠帯

年地星-座十二運「冠帯」の人は、心が純粋で優しくもあり、周囲の人を世話することを好みます。見返りを求めること無く、人のために尽力するため自然と多くの徳を積む傾向にあります。困った際には支援者にも恵まれ、難局も乗り越えることができます。自分本位な面もあり、良かれと思ってやることもお節介になってしまうこともあります。


▼幼年期の人間関係に対する長所と評価

心穏やかで優しく誠実さもある 自然と人を手助けして徳を積んでいる


▼幼年期の人間関係に対する短所と問題

他人に干渉し過ぎておせっかい 見栄を張り自分本位になりやすい


■幼年期の周囲の人間関係:偏官-偏官の関係分析
周囲の人間関係の図象 偏官-偏官
周囲の人間関係の図象 偏官-偏官

周囲の人間関係 偏官-偏官

年支通変星「偏官」年干通変星「偏官」の周囲の人間関係は、 お互いに自身の価値観を譲ることがない関係性となり、何をするにも意見が合わずに対立しやすい関係となります。 改革心が強いことから、相手の価値観に非を付けやすくなり、自身の意見が正しいと相手に押し付けやすい関係性となります。 融通が利かず、強引に事を進めようとすることから、災難に遭うことも多くなり、気苦労の絶えない関係性に陥ってしまうこともあります。 忍耐を強いられることが多くなることから、非常に窮屈であり、良い付き合いをしようと思うよりも割り切ることの方が大事になります。 相手と正面から向き合い意見を交わすことよりも、共通の話題や目的のみに絞り、対立しない工夫をすることが課題となります。 共通の敵となる対象を持つことや、相手の改革心を満たす第三者の存在を用意すること、自分の意識も相手に向けないことを意識してみましょう。 対策を講じること無く思うままに対応すると、事件や事故などの災難に巻き込まれてしまうこともあるため注意が必要です。


周囲の人間関係の評価 幼年期
周囲の人間関係の評価 幼年期

周囲の人間関係の傾向 幼年期

周囲の人間関係の傾向 幼年期
評価 評価 評価 評価 評価 評価
点数 : 2 / 6 点


年干通変星 : 偏官 (周辺環境)

年支通変星 : 偏官 (人間関係)

相性は比較的険悪な関係性となります。


▼幼年期 周囲の人間関係の傾向

何をするにも意見の不一致からの衝突が多く、不満ばかりで重荷となる関係になります。折り合いがつかず災難ばかりの関係性となり、破綻と心身の障害を招きます。


▼幼年期 周囲の人間関係への対策

個性を否定し自由を失う関係性にならないか 一時的な刺激や喜びだけの関係に陥らないか 不毛な忍耐を強いられ窮屈となる条件を押し付けられないか 第三者の判断や助言を重要視すること


[入力] [結果] [幼年] [青年] [壮年] [晩年]

年柱で占う幼年期の運勢の結果
年柱で占う幼年期の運勢の結果

■年柱で占う幼年期の運勢の結果




■きつねの四柱推命からのご案内

▼各種無料診断 無料メルマガのご案内

四柱推命でも基準としている人類が研究し続けてきた「暦」(干支暦)という叡智から、世の中の世相と時流を読むことを目的とした開運メルマガを配信中しております。 世の中の運勢の傾向や時の流れを把握することにより、「運」という目に見えないものを察知し、好機を掴むことが目的の内容になります。


▼有料鑑定 占い講座 各種契約のご案内


■きつねの四柱推命からのご案内