きつねの四柱推命
- 人類の叡智の結晶 -
-命術の帝王 四柱推命の奥義-

  • Image 01

    宿命とは生まれ背負うもの

  • Image 02

    運命とは選択する未来の道

  • Image 03

    自身が秘める将来の可能性

  • Image 04

    生日に示された先天的能力

  • Image 05

    自分自身を知り未来を知る

  • Image 06

    最高に輝く人生をあなたに

四柱推命 > 四柱推命鑑定
 

■無料四柱推命 目次


■四柱推命鑑定

四柱推命とは生年月日時を干支で表記し、その関係性から対象となる人の性格や潜在能力、将来性などを推察する命術になります。 古代中国で発祥した陰陽五行思想を元に、生年月日時の四柱を構成する干支の関係性を考察します。 四柱推命は日本独自の呼称であり、中国では子平や八字などと呼ばれています。


四柱推命は、風水術の基本的な要素として考え、個人の生年月日時から対象となる人の性格や潜在能力などを分析します。 四柱推命には様々な流派が存在し、流派ごとに考え方や解釈の違う部分があり、算出する要素なども異なることが多々あります。 また、算命学も陰陽五行思想を元に、生年月日を干支で表記し、対象となる人の性格や潜在能力を分析する占術もあります。 四柱推命も算命学も、元になる陰陽五行思想や干支暦というのは同じになりますが、一部の用語や解釈の仕方が大きく異なります。 ここでは四柱推命を用いて、対象となる人の生年月日から性格や潜在能力、将来の可能性などを分析します。


▼四柱推命の基本鑑定

四柱推命の基本鑑定

▼四柱推命の基本鑑定

四柱推命の基本的な鑑定項目となります。 年柱、月柱、日柱、時柱を基にした占いとなり、基本的な運勢や性格などを占うことができます。 四柱推命では日柱が非常に大事な要素となり、基本的な性格や方向性を示しています。 月柱は環境や人間関係などを表し、年柱は社会性や仕事などを表しています。 時柱は将来性や子供運などを表し、これらを総合的に分析するのが基本鑑定となります。


▼四柱推命の元命による鑑定

四柱推命の元命による鑑定

▼四柱推命の元命による鑑定

四柱推命では、日干が非常に重要な要素となりますが、この日干がどの季節に生まれたのかを考慮するのも重要になります。 日干と、この季節を表す月柱地支との関係性を表すものが月支の通変星となり、元命(月支元命)と呼ばれています。 元命とは運命の元になるもので、四柱推命で鑑定する際には人生の基本的な方向性であり、本質的なものとして重視することになります。 ここでは、この元命を基本として恋愛や結婚、仕事や人間関係などを占います。


■四柱推命鑑定


■四柱推命と行運

四柱推命は、対象となる人の生年月日時から性格や性質、潜在能力や将来の可能性などを推察する命術となります。 干支暦を元にして、生年月日時を干支に変換して命式を作成し、その命式から対象となる人を分析するのが基本となります。 また、干支暦を参考にして過去から未来においての年月日(時)の干支(行運の干支)と、命式の干支の関係性を考察することにより、運勢の盛衰や活発になる能力の傾向を推察することができます。 ここでは、行運の干支と命式の干支との関係性を考察し、運勢的な状況や能力の方向性などを分析します。 大運(10年運)、歳運(1年運)、月運(1ヵ月運)、日運(今日の運勢)などを確認することができます。


▼四柱推命と相性

四柱推命と相性

▼四柱推命と相性

四柱推命では、生年月日を基にして命式を作成しますが、二人の命式を合わせて考えることで、その二人の相性を占うことができます。 四柱を構成する干支同士の組み合わせから、人生においての価値観や方向性の相性を占います。 また、命式を構成する干支の関係性である通変星同士の相性から、潜在的な相性や精神的な方向性の相性などを占うこともできます。


▼四柱推命の年齢域

四柱推命の年齢域

▼四柱推命の年齢域

四柱推命では各柱に年齢域という概念があります。 厳密な運勢を表すというよりも、その年代の背景や傾向性を占うことになり、詳細は大運や行運が表すことになります。 ここでは、この年齢域における運勢や背景を占うことで、人生の傾向性を把握することができます。 年柱は幼年期の運勢や背景を表し、月柱は青年期、日柱は壮年期の運勢や状況を表しています。 時柱は晩年期の生活や環境などを表しています。 各年齢域の具体的な年齢に関しては、流派により異なります。

■四柱推命と行運




■きつねの四柱推命からのご案内

四柱推命でも基準としている人類が研究し続けてきた「暦」(干支暦)という叡智から、世の中の世相と時流を読むことを目的とした開運メルマガを配信中しております。 世の中の運勢の傾向や時の流れを把握することにより、「運」という目に見えないものを察知し、好機を掴むことが目的の内容になります。


■きつねの四柱推命からのご案内