きつねの四柱推命
- 人類の叡智の結晶 -
-命術の帝王 四柱推命の奥義-

  • Image 01

    宿命とは生まれ背負うもの

  • Image 02

    運命とは選択する未来の道

  • Image 03

    自身が秘める将来の可能性

  • Image 04

    生日に示された先天的能力

  • Image 05

    自分自身を知り未来を知る

  • Image 06

    最高に輝く人生をあなたに

四柱推命 > 干支暦と命式 > 四柱推命の蔵干について
 

■干支暦と命式 目次


■四柱推命の蔵干について

四柱推命で問題となるのは蔵干の考え方になります。 四柱推命の各流派で考え方が異なり、また実際に鑑定をする人によっても異なる部分が出てくるのが蔵干という考え方になります。 蔵干とは、十二支(地支)が内に秘めた五行の気を十干で表記したものとなり、十二支自体の五行の考え方とは少々異なるものになります。


元々は陰陽五行思想を背景にした十干十二支の考え方になり、十二支を陰陽五行思想で区分したことが背景になります。 この十二支を月支としているため、十二支と十干の対応の考え方が複雑になっています。 また、十二支には、三合会局という概念も存在することなどから、この蔵干に対する考え方がより複雑になっています。 四柱推命の各流派では、この蔵干の考え方が異なり、その流派内の鑑定師においても考え方が異なるのが現状となります。


ここでは、各流派における蔵干の考え方の一覧をまとめています。 どの流派の蔵干が正しいというのではなく、それぞれの流派での考え方があり、その流派が採用している蔵干の考え方を背景にして鑑定をしています。 そのため、それぞれの四柱推命の流派における蔵干の考え方に即した解釈をすることが大事であり、蔵干の考え方そのものに成否があるわけではありません。 蔵干を詳細に重視する四柱推命の流派では、通変星での判断を重視していることが多くなります。 蔵干を補足的に捉えている四柱推命の流派では、十干十二支の組合せでの判断を重視していることが多くなります。


▼四柱推命と蔵干

四柱推命と蔵干

▼四柱推命の流派

四柱推命の流派

■四柱推命の蔵干について


■四柱推命の各蔵干表

四柱推命の各流派で採用されている一般的な蔵干の考え方とその一覧表になります。 どの蔵干を採用するのかは、鑑定師により様々なものがあります。 ここにある蔵干表に関しては一般的なものでもあり、詳細については各四柱推命の流派による蔵干表を参考にしてください。 また、この概念や蔵干に関しての質問などに関しては、各流派に問い合わせることが大事になります。 蔵干に関しては、非常に繊細な問題になりますので、成否が無いと考えておくことの方が大事になります。


蔵干表には、「余気」「中気」「正気」があり、節入り日からの経過日数によりどの蔵干を考慮するのかが変わります。 「正気」とは、その月支が一番強くなる陰陽五行の気(十干)になり、「余気」とは前月の正気の余韻となります。 「中気」とは、余気と正気の中間点になり、十二支の三合会局などによる少々複雑な考え方が背景にあるため考慮しない流派もあります。 下記の一般的な月律分野表においても、正気や余気に関しては共通していますが、中気の扱いだけは異なるのが特徴となります。 この中気に関しては扱いが非常に難しくなり、節入り日からの経過日数の判断も異なるため、注意が必要な要素になります。


▼淵海子平による月律分野表

月支余気中気正気
--
--
戊 壬
--
月支余気中気正気

▼三命通会による月律分野表

月支余気中気正気
--
--
--
月支余気中気正気

▼玉井奥訣による月律分野表

月支余気中気正気
戊 壬
月支余気中気正気

▼四柱推命の各蔵干表

四柱推命の各蔵干表

▼十干十二支と蔵干

十干十二支と蔵干

■四柱推命の各蔵干表


■きつねの四柱推命の蔵干について

きつねの四柱推命では、下記の節気による蔵干表を元に四柱推命の鑑定をしています。 一般的な月律分野表とは異なる部分もありますので、その点に関してはご了承くださいませ。 基本的な考え方は、十二支の五行を尊重することになります。 また、詳細な部分に関しては、十二支の背景となる二十四節気(太陽黄経)と十干を考慮したものとなり、節月と土用の概念を考慮したものになります。 二十四節気と土用の考え方を考慮しての十二支の蔵干の考え方が基本となり、暦上の各季節の五行と十干、土用の期間を考慮しています。 概ねの目安としては、各季節の切り代わりとなる土用の18日前後の期間は土行となり、丑未月は陰干(己)、辰戌月は陽干(戊)となります。 各季節内においては、土用の期間を除いた前半36日間が各季節の陽干となり、後半36日間が各季節の陰干となります。


▼節気蔵干による月律分野表

月支余気中気正気
--
--
----
--
--
----
--
--
----
--
--
----
月支余気中気正気

▼節気蔵干と太陽黄経

月支基準余気黄経正気
-- 261
土用297
立春--315
-- 351
土用27
立夏--45
-- 81
土用117
立秋--135
-- 171
土用207
立冬--225
月支基準余気黄経正気

▼十二支の五行による蔵干表

月支節気節月新暦五行十干
大雪1112壬癸
小寒1201戊己
立春0102甲乙
啓蟄0203甲乙
清明0304戊己
立夏0405丙丁
芒種0506丙丁
小暑0607戊己
立秋0708庚辛
白露0809庚辛
寒露0910戊己
立冬1011壬癸
月支節気節月新暦五行十干

▼蔵干と十二支

蔵干と十二支

▼太陽黄経と十干

太陽黄経と十干

■きつねの四柱推命の蔵干について


■誰でも分かる四柱推命講座

四柱推命とは、古代中国で生まれた干支紀日法と陰陽五行思想を元に人の生まれ持つ命運や能力を推察する占術となります。 十干十二支から成る干支紀日法による干支暦を、陰陽思想と五行思想から成る陰陽五行思想で分析することにより、人の命運を推察するというのが四柱推命の基本概念になります。 対象となる人の生年月日時を、干支で表記してその干支の関係性を陰陽五行思想で分析することで、その人の性格や性質を推察します。 四柱推命は命術の帝王とも呼ばれ、古代中国から続く干支暦を元に対象となる人を的確に分析することができます。 その元になるのは、何千年も続く天候や気象を研究してきた干支暦が背景にあるためであり、時節や季節を考慮して命を推察するという伝統的な手法と情報量の多さになります。

干支暦とは、年月日を十干十二支からなる六十干支で表記した暦であり、その起源は古代中国の殷(商)の時代(紀元前1700年ごろ~)とされています。 この古代から続く干支暦は、現代から未来まで延々と続くものであり、太陽の行運を元に年月日を表記したものとなります。 時代と共に日の計算から季節の計算、天候の研究や時節の考慮などが加わり、その年月日がどのような干支となるのかが干支暦になり、この年月日時を考察するのが四柱推命になります。 同じような背景を持つ算命学という生年月日を用いた命術があります。 干支暦は、太陽の運行を基準としているため、現代で使用されている暦とは少々基準や考え方が変わる部分があります。 節入り日や中気、節月や年の境目などが特徴的になりますので、干支暦の基本的な概念は理解しておくことが大事になります。

陰陽思想とは、古代中国で生まれた思想であり、全ての物事や事象は陽の気となる天と、陰の気となる地から生ずるとされる自然哲学となります。 天があれば地があり、光があれば影があり、前があれば後ろがあるという対となるものが存在し、全ての物事には対となるものがあるというのが陰陽思想になります。 五行思想とは、同じく古代中国で生まれた思想であり、全ての物は五つの元素からなるとされる自然哲学となります。 五つの元素(五行)とは、「木」「火」「土」「金」「水」となり、それぞれの関係性や盛衰により、全ての物や気が循環するという概念になります。 陰陽五行思想とは、この陰陽思想と五行思想が合わさり、この世のすべての物は五行と陰陽から構成されるとする概念になります。 四柱推命は、生年月日時を構成する干支を、この陰陽五行思想から分析する命術となります。

四柱推命は、対象となる「人」の生年月日時を干支で表し、その時の天と地の状態からどのような気の影響を受けているのかで推察する命術となります。 天の気となるのは十干となり天干と呼ばれ、地の気となるのは十二支となり、地支と呼ばれています。 蔵干とは、地支は天の気となる十干を蔵しているという考え方であり、節入り日からの経過日数により十二支を十干に置き換えて考慮するという概念になります。 四柱推命では多くの流派と説が存在し、蔵干の問題については流派間により微妙に異なります。 また、算命学なども併せると蔵干に関しては正しい判断をしきれなくなるため、ここでの四柱推命では単純に十二支が本来持つ五行を中心にしています。 きつねの四柱推命での蔵干の考え方の基本は、節気蔵干として太陽黄経を元に蔵干を計算しています。 一部の内容に関しては、十二支の五行元にした五行蔵干の考え方を参考にし、十二支が本来持つ五行(「生気・本気・本元」にあたる十干)を中心に解釈しています。 ここでは、蔵干を考慮するのは月支のみとなり、年日時支に関しては「生気・本気・本元」にあたる十干を蔵干として採用しています。

出生時間が分からない場合、その日の12時(正午)を基準として年月日の干支を算出しています。 このため、節入り日では節入り時間によって月干支が変わることがあります。 立春日生まれの際には時間により月干支と年干支が変わることがあります。 このような際には、両方の月干支と年干支を考慮して解釈することが必要になります。 また、実際の出生時間と出生地の自然時を考慮すると、日付と日干支が前後する場合もあります。 このような背景があるため、出生時間が分かる方が正確な分析ができますが、出生時間が分からない場合にはある程度まで調べることをお勧めいたします。 それでも出生時間が分からない際には、節入り日の場合には前後の月干支を確認し、日干支も前後を考慮して、自分に適切だと思われる年月日の干支を定めるようにして下さい。

四柱推命と算命学の基本は、生年月日を干支で表記することから始まります。 四柱推命では、出生時間を元に時柱という要素を加え、対象となる人の命運を推察していきます。 算命学では、生年月日の要素から8つの星を算出し、それらの配分や関係性から対象となる人の命運を計算していきます。 四柱推命も算命学も、干支暦を基本とするのは同じになりますが、そこから作成された生年月日(時)の干支の要素をどのように分析するのかが変わります。 どちらの占術が優れているとか、どちらの占術が正しいというのは一概に言える基準は無く、推察の仕方や計算の仕方が違うだけであり、共に命術を代表する優れた占術になります。 現代まで存在し続けている占術であるからには、当たる要素が多く信憑性があるからという背景があります。 四柱推命も算命学も、それぞれの特徴を生かして分析することで、より適切な判断基準と命運を推察することができるでしょう。

■誰でも分かる四柱推命講座


■きつねの四柱推命からのご案内

四柱推命でも基準としている人類が研究し続けてきた「暦」(干支暦)という叡智から、世の中の世相と時流を読むことを目的とした開運メルマガを配信中しております。 世の中の運勢の傾向や時の流れを把握することにより、「運」という目に見えないものを察知し、好機を掴むことが目的の内容になります。


■きつねの四柱推命からのご案内