きつねの四柱推命
- 人類の叡智の結晶 -
-命術の帝王 四柱推命の奥義-

  • Image 01

    宿命とは生まれ背負うもの

  • Image 02

    運命とは選択する未来の道

  • Image 03

    自身が秘める将来の可能性

  • Image 04

    生日に示された先天的能力

  • Image 05

    自分自身を知り未来を知る

  • Image 06

    最高に輝く人生をあなたに

四柱推命 > 四柱推命講座 > 十二支の意味
 

■四柱推命講座 目次


■四柱推命の十二支の意味

四柱推命の命式を構成する四柱は、六十干支から構成されています。 六十干支は十干と十二支の組み合わせとなり、ここでは十二支の意味や象意を解説しています。 十干は天の気を表しますが、十二支は地の気を表します。 天の気となる十干と、地の気となる十二支が交わることで、性質が生じるというのが四柱推命の基本の背景となります。


十二支とは、「子」「丑」「寅」「卯」「辰」「巳」「午」「未」「申」「酉」「戌」「亥」の十二個の要素となります。 六十干支を記述する際には、天の気を表す十干(天干)の後に表記することから、地支とも呼ばれ地の気を表すことになります。 十二支の読み方は、「子(ね)」「丑(うし)」「寅(とら)」「卯(う)」「辰(たつ)」「巳(み)」「午(うま)」「未(ひつじ)」「申(さる)」「酉(とり)」「戌(いぬ)」「亥(い)」となります。 生まれ年の干支や、毎年の干支でおなじみの十二支となるため、比較的身近な要素でもあります。


▼十二支の覚え方と基本背景

十二支の覚え方は、「子(ね)」「丑(うし)」「寅(とら)」「卯(う)」「辰(たつ)」「巳(み)」「午(うま)」「未(ひつじ)」「申(さる)」「酉(とり)」「戌(いぬ)」「亥(い)」と、そのまま反復練習をして覚えてください。 また、十二支は「方位」「季節」「時刻」などを表す要素でもあるため、様々な意味合いを持つというのも同時に覚えておくことが大事になります。 基本的な背景は陰陽五行思想を参考にしてください。


▼四柱推命の十二支の意味

四柱推命の十二支の意味


■四柱推命の十二支の意味


■十二支の基本的な意味や読み

▼十二支の読み方と動物

十二支音読み訓読み動物
ちゅううし
いん とら
ぼう
しん たつ
うま
ひつじ
しん さる
ゆう とり
じゅついぬ
がい

▼十二支の陰陽五行と三区分

十二支五行陰陽区分
陽 ○四正
陰 ●四庫
陽 ○四隅
陰 ●四正
陽 ○四庫
陰 ●四隅
陽 ○四正
陰 ●四庫
陽 ○四隅
陰 ●四正
陽 ○四庫
陰 ●四隅

▼十二支の方位と時刻

十二支方位時刻名称
23-01時夜半
北北東01-03時鶏鳴
東北東03-05時平旦
05-07時日出
東南東07-09時食時
南南東09-11時隅中
11-13時日中
南南西13-15時日昳
西南西15-17時哺時
西 17-19時日入
西北西19-21時黄昏
北北西21-23時人定

[四柱推命の十二支の意味] [十二支の覚え方]

■十二支の基本的な意味や読み


■十二支の節月十二辰と基本的な象徴

▼十二支の節月と十二辰

十二支節月十二辰天区
11月宝瓶宮玄枵
12月磨羯宮星紀
01月人馬宮析木
02月天蝎宮大火
03月天秤宮寿星
04月処女宮鶉尾
05月獅子宮鶉火
06月巨蟹宮鶉首
07月双児宮実沈
08月金牛宮大梁
09月白羊宮降婁
10月双魚宮娵訾

▼十二支の基本的な象意

十二支十二支の象意
厳冬の氷雪
雪中の土壌
春暖の緑樹
温順の若草
新緑の丘陵
薫風の燎火
灼熱の劫火
炎帝の大地
残炎の金鉱
爽涼の宝玉
錦秋の台地
寒天の霜雪

▼十二支の基本的な象徴

十二支の象徴
陽の水であり冬季の氷雪を象徴する
陰の土であり冬季の土壌を象徴する
陽の木であり春季の緑樹を象徴する
陰の木であり春季の若草を象徴する
陽の土であり春季の丘陵を象徴する
陰の火であり夏季の燎火を象徴する
陽の火であり夏季の劫火を象徴する
陰の土であり夏季の大地を象徴する
陽の金であり秋季の金鉱を象徴する
陰の金であり秋季の宝玉を象徴する
陽の土であり秋季の台地を象徴する
陰の水であり冬季の霜雪を象徴する

[四柱推命の十二支の意味] [十二支の覚え方]

■十二支の節月十二辰と基本的な象徴


■子の意味と象意の解説

▼十二支「子」の図象

十二支「子」の図象

▼「子」の五行や方位と時刻

要素解説
読み 音/訓 し / ね
陰陽 / 五行陽 / 水行
方位 / 区分北 / 四正
節月 / 動物11月 / 鼠
時刻 23-01時 夜半
十二辰 宝瓶宮 玄枵

▼「子」の象意と性質

要素解説
象意厳冬の氷雪
象徴陽の水であり冬季の氷雪を象徴する
象意滋 順応性 冷静 注意力 博愛精神
性質秘密と時間には厳格であり堅く守る
冷静で客観的な判断をするが思い切りが悪い

▼子の性格と価値観の方向性

物事の本質を冷静に見極め、慎重に判断したいという本質があります。 感情移入せず、客観的な視点から判断することを望み、間違えの無い最善な決断をしたいという欲求を持ちます。 しかし、決断に至るまでが慎重過ぎることから、優柔不断な人と思われてしまうこともあります。 知的で博識であることを望み、様々な可能性を考慮して判断することから、決断には時間を掛けたいというのが本音です。 論理的な戦略家となることを求め、事業での成功や、企業を発展させる手腕を内に秘めています。 視野が広く細かい所に気が付き、約束事などを堅く守る義理堅さも本質的に持っています。 時間には正確で秘密厳守を徹底し、知的で戦略家という側面から、相談役や顧問として手腕を発揮したいという理想を持ちます。 本能的に自由を求めるため、特定の環境に落ち着かず、問題に発展してしまうこともあります。


[四柱推命の十二支の意味] [十二支の覚え方]

■子の意味と象意の解説


■丑の意味と象意の解説

▼十二支「丑」の図象

十二支「丑」の図象

▼「丑」の五行や方位と時刻

要素解説
読み 音/訓 ちゅう / うし
陰陽 / 五行陰 / 土行
方位 / 区分北北東 / 四庫
節月 / 動物12月 / 牛
時刻 01-03時 鶏鳴
十二辰 磨羯宮 星紀

▼「丑」の象意と性質

要素解説
象意雪中の土壌
象徴陰の土であり冬季の土壌を象徴する
象意紐 保守性 堅実 忍耐力 義理堅い
性質忍耐力が旺盛で地道な努力ができる
忍耐力が旺盛で一度決めると融通が利かない

▼丑の性格と価値観の方向性

忍耐力が旺盛で地道な積み重ねで、物事を遂行したいという本質を持ちます。 簡単に達成できる目標よりも、達成が困難な理想を掲げ、堅実に事を進めることで満足できます。 そのため、非常に保守的な傾向にあり、腰が重く進行速度も遅くなるため、周囲からは何かと重いと思われてしまいます。 義理堅く信用と信頼を望むため、自然と周囲からの信頼が集まることにもなります。 変化や刺激よりも安定と平和を望むため、新しいことを始めるのには躊躇し、習慣やしきたり、自分の中の価値観を優先したくなります。 堅実に物事に取り組み、変化や刺激を求めず、努力と忍耐を怠ることがない意志の強さから、当初の目標を着実に実現させる強さも秘めています。 思い込みが強く間違いはないと考えることから、感情的になると柔軟性を欠くこともあります。 異性関係では、相手に固執しやすいため、束縛することや束縛されることを求める傾向もあります。


[四柱推命の十二支の意味] [十二支の覚え方]

■丑の意味と象意の解説


■寅の意味と象意の解説

▼十二支「寅」の図象

十二支「寅」の図象

▼「寅」の五行や方位と時刻

要素解説
読み 音/訓 いん / とら
陰陽 / 五行陽 / 木行
方位 / 区分東北東 / 四隅
節月 / 動物01月 / 寅
時刻 03-05時 平旦
十二辰 人馬宮 析木

▼「寅」の象意と性質

要素解説
象意春暖の緑樹
象徴陽の木であり春季の緑樹を象徴する
象意演 積極性 仁義 決断力 向上志向
性質目的地に向け着実で確実に前に進む
向上心が強く常に人よりも前に進もうとする

▼寅の性格と価値観の方向性

目指す崇高な目的地や理想に向かい、着実であっても確実に進んで行くことを望む本質を持ちます。 前に進む事を求めることから行動力と決断力は旺盛であり、その都度、後悔のない適切な判断をして着実に進む事を本能的に遂行します。 自尊心も強いことから、自分が決断したことには後悔しても、負けを認めたくないため後に退くことはありません。 仁義に篤く恩義を抱いている相手に対しては、献身的な努力を惜しまず、恩義に報いることを強く望みます。 向上心も旺盛であり、常に理想に向かって行動するため、自然と人の上に立つ立場に就くことにもなります。 また、責任のある役割を望む本能もあり、そのような立場になると本領を発揮できる潜在能力を秘めています。 人の上に立ちたいという本質があり、行動力や決断力が旺盛なことから、人間関係での問題を抱えやすい傾向もあります。 主導権を本能的に求めるため、それが満たされないと異性関係なども冷淡になり、長続きしなくなるのが難点です。


[四柱推命の十二支の意味] [十二支の覚え方]

■寅の意味と象意の解説


■卯の意味と象意の解説

▼十二支「卯」の図象

十二支「卯」の図象

▼「卯」の五行や方位と時刻

要素解説
読み 音/訓 ぼう / う
陰陽 / 五行陰 / 木行
方位 / 区分東 / 四正
節月 / 動物02月 / 兎
時刻 05-07時 日出
十二辰 天蝎宮 大火

▼「卯」の象意と性質

要素解説
象意温順の若草
象徴陰の木であり春季の若草を象徴する
象意冒 社交性 快活 計画力 交際上手
性質誰にでも優しく常に相手を優先する
誰にでも優しくなるため八方美人になりやすい

▼卯の性格と価値観の方向性

積極性と柔軟性を併せ持ち、社交的で誰とでも上手く付き合いたいという本質を持ちます。 純粋な優しい心を持ち、誰にでも優しくすることや、相手の価値観や決断を優先したいという奉仕精神も持ちます。 自分の出来ることであれば率先して人助けをしようとしますが、自己主張が強く周囲に高く評価されたいという欲望も抱いています。 人に良く思われたいという本質のため、明確で分かりやすい人となります。 目的達成を望む際には、計画的で内密に事を進め、自分の望む方向に上手く誘導したいと考えやすい傾向にあります。 そのため、周囲から強制的に目的地を変更させられるような際には、反発心や闘争心が芽生えることもあります。 根は優しく寛容ではありますが、自分の思い通りにいかないと責任を放棄したくなる性質もあります。 特にお酒の席や異性関係の面では、自分を見失い、その場限りの言動に至ることもあるのが難点です。


[四柱推命の十二支の意味] [十二支の覚え方]

■卯の意味と象意の解説


■辰の意味と象意の解説

▼十二支「辰」の図象

十二支「辰」の図象

▼「辰」の五行や方位と時刻

要素解説
読み 音/訓 しん / たつ
陰陽 / 五行陽 / 土行
方位 / 区分東南東 / 四庫
節月 / 動物03月 / 龍
時刻 07-09時 食時
十二辰 天秤宮 寿星

▼「辰」の象意と性質

要素解説
象意新緑の丘陵
象徴陽の土であり春季の丘陵を象徴する
象意震 信頼性 安定 闘争力 強硬姿勢
性質忍耐力はあるが面倒だと諦めも早い
信用と信頼を尊重し過ぎて身持ちが固くなる

▼辰の性格と価値観の方向性

忍耐力が旺盛であり目的達成のために根気よく取り組むことを求める本質があります。 理想のためには辛抱強く耐え忍び、問題や障害にも負けず、諦めることなく我が道を進む事を求めています。 信念が堅く妥協を許したくないため、内には強い闘争心を秘め、目的遂行のために思考を張り巡らせる策略家でもあります。 信用と信頼を何よりも尊重したいと望むため、敵と味方が明確になりやすく、味方には手厚くもてなし、敵には策略をめぐらす冷酷な本質も持ちます。 忍耐力と闘争心を内に秘めているため、自分が興味関心のあるものに対しては、人並み以上の結果を出すこともできます。 また、独力で成功と繁栄への道を開拓することもできるため、波乱の多い人生となりますが、それも本能が求めていることでもあります。 しかし、興味や関心が無いことや面倒と思う事に対しては、諦めも早くさっぱりした対応をする傾向もあります。


[四柱推命の十二支の意味] [十二支の覚え方]

■辰の意味と象意の解説


■巳の意味と象意の解説

▼十二支「巳」の図象

十二支「巳」の図象

▼「巳」の五行や方位と時刻

要素解説
読み 音/訓 し / み
陰陽 / 五行陰 / 火行
方位 / 区分南南東 / 四隅
節月 / 動物04月 / 蛇
時刻 09-11時 隅中
十二辰 処女宮 鶉尾

▼「巳」の象意と性質

要素解説
象意薫風の燎火
象徴陰の火であり夏季の燎火を象徴する
象意已 華美性 追求 顕示力 豪華絢爛
性質お洒落で品が良く自然と目立つ存在
礼儀と品格を尊重しすぎて浪費が激しくなる

▼巳の性格と価値観の方向性

明るく楽しいことを求め、刺激のある状況や立場を求める性質があります。 刺激に欠ける平和や安定を望まず、裏方的な立場では反発心が増すばかりで長期に渡って耐えることができません。 周囲を明るく照らすこと、周囲の為に努力し称賛を得ることを望み、注目を集めたいという欲望を秘めています。 忍耐力には欠けますが、執着心は非常に強く思うようにならないことを克服することで大きく成長できる可能性を持ちます。 自己顕示力は強く、周囲に認められないと対抗心から頑張りますが、周囲に認めらると中途半端でも妥協してしまうこともあります。 正義正しく上品であることを求めるため、裏切り行為や不正行為を見逃すことがない強い正義感を内に秘めています。 そのため、嫉妬や執着が非常に強く、異性関係などでは感情的になることや重くなって問題になってしまうこともあります。 執着心から自分が不正に手を染めると収拾がつかなくなるのも難点です。


[四柱推命の十二支の意味] [十二支の覚え方]

■巳の意味と象意の解説


■午の意味と象意の解説

▼十二支「午」の図象

十二支「午」の図象

▼「午」の五行や方位と時刻

要素解説
読み 音/訓 ご / うま
陰陽 / 五行陽 / 火行
方位 / 区分南 / 四正
節月 / 動物05月 / 馬
時刻 11-13時 日中
十二辰 獅子宮 鶉火

▼「午」の象意と性質

要素解説
象意灼熱の劫火
象徴陽の火であり夏季の劫火を象徴する
象意忤 冒険性 優雅 直感力 開拓精神
性質大胆で開放的なため秘密を作れない
大胆で開放的なためあらゆることを話してしまう

▼午の性格と価値観の方向性

積極的な行動力と開放的な価値観を最大限に生かし、大胆に冒険したいという性質を持ちます。 地道な忍耐や努力をすることは避け、楽しくて明るい事、すぐに結果が出ることや好奇心を刺激されることを優先したいという欲があります。 裏方よりも目立つ立場や境遇を心から求め、自分の信じた道を思い切り走りたいというような活動的な開拓精神を内に秘めています。 優雅で目立つことや礼儀正しく上品であることを好み、地味で暗いものや礼儀に欠けるような不義の人を嫌う傾向があります。 感情面の浮き沈みが激しく、機嫌が良い時には懐も広くなり欲望や快楽に溺れて浪費してしまうこともあります。 自分の思い通りになることを望みますが、機嫌が悪い際には感情的になり衝突が多くなることや感情的に爆発してしまうこともあります。 本能的に行動力と冒険心が強いことから、方向性を間違えなければ好機の多い人生となることも期待できます。


[四柱推命の十二支の意味] [十二支の覚え方]

■午の意味と象意の解説


■未の意味と象意の解説

▼十二支「未」の図象

十二支「未」の図象

▼「未」の五行や方位と時刻

要素解説
読み 音/訓 び / ひつじ
陰陽 / 五行陰 / 土行
方位 / 区分南南西 / 四庫
節月 / 動物06月 / 羊
時刻 13-15時 日昳
十二辰 巨蟹宮 鶉首

▼「未」の象意と性質

要素解説
象意炎帝の大地
象徴陰の土であり夏季の大地を象徴する
象意昧 理論性 温和 推理力 平和主義
性質妥協せずに意地を張るが気前は良い
保守的で自分の世界観を堅く守り過ぎる

▼未の性格と価値観の方向性

安定と平和を何よりも尊重し、心が広くあること、柔軟で丁寧であることを望む本質を持ちます。 豊かな内面性であることを美徳とし、積極的に行動するよりも、受動的で包容力に溢れた立ち位置や状態を求める傾向にあります。 人間関係の中では、中心で落ち着いて安定と安泰を守りたいという安定型で腰の重い性質も持ちます。 周囲からは温厚で人が良く、頼りになる存在であることや、何でも相談できる相談役として確固たる地位を築きたいという願望が強くなります。 財産や信頼などを集めることに対しては積極的な欲望も持ち合せ、表立って行動することはありませんが密かに計画を進めて事を起こしています。 全体的に危険を冒してまで無理な挑戦は避けたいと望むため、平和で安泰となる充実した人生となることが期待できます。 決断力はあっても挑戦的な行動力に欠けてしまうため、大きな好機が訪れた際にも動けずに逃してしまうのが難点です。


[四柱推命の十二支の意味] [十二支の覚え方]

■未の意味と象意の解説


■申の意味と象意の解説

▼十二支「申」の図象

十二支「申」の図象

▼「申」の五行や方位と時刻

要素解説
読み 音/訓 しん / さる
陰陽 / 五行陽 / 金行
方位 / 区分西南西 / 四隅
節月 / 動物07月 / 猿
時刻 15-17時 哺時
十二辰 双児宮 実沈

▼「申」の象意と性質

要素解説
象意残炎の金鉱
象徴陽の金であり秋季の金鉱を象徴する
象意伸 活動性 機敏 計算力 勇猛果敢
性質明るくて行動力があるが忘れやすい
真面目で堅苦しい雰囲気でも内面は落ち着きがない

▼申の性格と価値観の方向性

内に改革心を秘めており、有事の際には勇猛果敢に挑戦したいという性質を持ちます。 姿勢や礼儀は正しく雰囲気は固く真面目そうになりますが、内面には活動的で柔軟性のある高い向上心を秘めています。 論理的な人生になることを望み、過去の経験や知識を生かして確実に前に進むような、計算された行動と挑戦が改革を成功へと導きます。 内に秘めた情熱や勇気は、勝負の際には非常に熱くなり、大きな改革と躍進の原動力となることが期待できます。 普段は真面目で堅実ながらも、明るく前を向いて居たいという性質を持ち、評価されたい願望もあるため目上の人には律儀に従います。 周囲からの評価を得て立場を安定させておくことを望み、いざという時には思い切った改革をやり遂げるという革命家にもなります。 複雑な人間関係や役割を担うこともあり、利己的な思いから改革を断行してしまうと、周囲の反発を買い信頼を失うことになもなります。


[四柱推命の十二支の意味] [十二支の覚え方]

■申の意味と象意の解説


■酉の意味と象意の解説

▼十二支「酉」の図象

十二支「酉」の図象

▼「酉」の五行や方位と時刻

要素解説
読み 音/訓 ゆう / とり
陰陽 / 五行陽 / 金行
方位 / 区分西 / 四正
節月 / 動物08月 / 鶏
時刻 17-19時 日入
十二辰 金牛宮 大梁

▼「酉」の象意と性質

要素解説
象意爽涼の宝玉
象徴陰の金であり秋季の宝玉を象徴する
象意酒 感受性 奉仕 思考力 本格志向
性質信念が強くて自分のこだわりを貫く
改革心が旺盛で強気の発言をするわりに行動が伴わない

▼酉の性格と価値観の方向性

独自の信念が強く、自分自身の志を曲げることなくこだわりを追求したいという本質を持ちます。 徹底した本格志向の持ち主でもあり、自分の信じた道を崇高なものとして絶対視する傾向にあります。 そのため非常に頑固であり、意地っ張りな性質も持ち合わせますが、独自の信念外の部分には寛容でもあります。 こだわりが非常に強いため柔軟性を欠き、義理を重んじ保守的で安定した状況や環境を望みます。 独特な感性と知性を併せ持ち、旺盛な企画力や想像力を最大限に発揮したいという欲望があります。 独力で道を開拓するには行動力や冒険心には欠けるため、組織の中で活動する方が精神的な欲求を満たすことができます。 安定した環境の中で能力を最大限に発揮し、独自のこだわりを追及するという状況が満足できる人生への近道でもあります。 独自の価値観に固執すると向上心を失うため、謙虚に周囲の意見と考えを採用すると道が開けます。


[四柱推命の十二支の意味] [十二支の覚え方]

■酉の意味と象意の解説


■戌の意味と象意の解説

▼十二支「戌」の図象

十二支「戌」の図象

▼「戌」の五行や方位と時刻

要素解説
読み 音/訓 じゅつ / いぬ
陰陽 / 五行陽 / 土行
方位 / 区分西北西 / 四庫
節月 / 動物09月 / 犬
時刻 19-21時 黄昏
十二辰 白羊宮 降婁

▼「戌」の象意と性質

要素解説
象意錦秋の台地
象徴陽の土であり秋季の台地を象徴する
象意戊 安定性 決意 持久力 執念深い
性質強い忍耐力があり周囲から頼られる
頑固で融通が利かず好機を逃しやすい

▼戌の性格と価値観の方向性

義理や人情を重んじ、目標達成のためには努力と忍耐を惜しまずに取り組みたいという性質を持ちます。 恩義を抱く相手に対しては、最大限の努力を惜しまず報いることを望み、不義な相手に対しては徹底的に抗戦する闘争心を秘めています。 そのため、敵と味方が明確になり人間関係も良し悪しが非常に分かりやすくなります。 大事にしたいと思える味方に対しては、誠実な対応と支援を徹底して心がけますが、敵に対しては執念深く、徹底して冷酷な対応をする傾向にあります。 敵から奪うことも厭わない剛毅な闘争心を内に秘め、得られたものを身内で共有することから、味方からは非常に頼りにされます。 このように、恩義を抱く味方には好かれたいという欲望があり、そのためには計画的に勝利を求める執念を秘めています。 義を忘れて私利私欲に走り、誠実さを忘れて剛毅な闘争心ばかりになると、周囲は全て敵となり、人生が孤立孤軍となる可能性もあります。


[四柱推命の十二支の意味] [十二支の覚え方]

■戌の意味と象意の解説


■亥の意味と象意の解説

▼十二支「亥」の図象

十二支「亥」の図象

▼「亥」の五行や方位と時刻

要素解説
読み 音/訓 がい / い
陰陽 / 五行陰 / 水行
方位 / 区分北北西 / 四隅
節月 / 動物10月 / 猪
時刻 21-23時 人定
十二辰 双魚宮 娵訾

▼「亥」の象意と性質

要素解説
象意寒天の霜雪
象徴陰の水であり冬季の霜雪を象徴する
象意核 流動性 純粋 表現力 猪突猛進
性質食通であるが行動範囲は比較的狭い
一度思い込むと退かずに前に進み続ける

▼亥の性格と価値観の方向性

自分の精神的な欲求に対して、常に誠実であり正直でありたいという性質を持ちます。 自分の信じた道を真っ直ぐ進みたいと言う純粋な心を持ち、勢いに乗っている際には退くことがありません。 非常に純粋な精神性を秘めている人でもあり、その純粋な心を表現することが成功への近道にもなります。 純粋な心や考えを表現するための表現力も持ち合わせていますが、自尊心と羞恥心の克服が人生の課題ともなります。 柔軟性と表現力が旺盛なことから、相手の心を掌握することもでき、周囲よりも上の立場にありたいという欲求も旺盛になります。 博識で行動力もあり、柔軟性と表現力もあることから、上手く世を渡り成功できる性質を潜在的に持っています。 時に独断専行で暴走しやすく、情に溺れやすい傾向もあるため、依存には十分注意することが必要になります。 責任のある人の上になる立場に就き、周囲の羨望を集めることで精神的に満たされることになります。


[四柱推命の十二支の意味] [十二支の覚え方]

■亥の意味と象意の解説




■きつねの四柱推命からのご案内

四柱推命でも基準としている人類が研究し続けてきた「暦」(干支暦)という叡智から、世の中の世相と時流を読むことを目的とした開運メルマガを配信中しております。 世の中の運勢の傾向や時の流れを把握することにより、「運」という目に見えないものを察知し、好機を掴むことが目的の内容になります。


■きつねの四柱推命からのご案内