きつねの四柱推命
- 人類の叡智の結晶 -
-命術の帝王 四柱推命の奥義-

  • Image 01

    宿命とは生まれ背負うもの

  • Image 02

    運命とは選択する未来の道

  • Image 03

    自身が秘める将来の可能性

  • Image 04

    生日に示された先天的能力

  • Image 05

    自分自身を知り未来を知る

  • Image 06

    最高に輝く人生をあなたに

四柱推命 > 四柱推命講座 > 空亡の意味
 

■四柱推命講座 目次


■四柱推命の空亡の意味

四柱推命は、十干十二支から成る六十干支を基にして命式を起こします。 この六十干支では、甲から癸までの十干を一旬とし、六旬することで六十干支が一巡することになります。 十二支は、十二の要素から構成されているため、この一旬の間に訪れない支が二つ存在することになり、この二支が空亡となります。 甲から一旬が始まるため、各旬は六十干支のうち、甲を含む六干支「甲子」「甲戌」「甲申」「甲午」「甲辰」「甲寅」を旬主とします。 また、各旬は「甲子旬」「甲戌旬」「甲申旬」「甲午旬」「甲辰旬」「甲寅旬」となります。 それぞれの旬で十干が一巡し、二つの支が欠けるため、各旬ごとに空亡となる十二支が異なることになり、十二支すべてが必ずどこかの旬で空亡となります。


四柱推命では、空亡を「くうぼう」と呼び、算命学などでは天中殺「てんちゅうさつ」と呼ばれています。 四柱推命での空亡の扱い方には流派間で大きく異なることもありますが、一般的には「空しく亡くす」「存在するようでしないもの」として取り扱います。 適用の範囲も、大運、歳運、月運、日運、時運、四柱と、どこまで適応し、どこを考慮しないのかなども様々なものとなります。 一般的に空亡の基準となるのは日柱の六十干支であり、日柱の六十干支から空亡(天中殺)を算出するのは四柱推命も算命学も同じになります。


▼四柱推命の十干の意味

四柱推命の十干の意味


■四柱推命の空亡の意味


■空亡(天中殺)の算出方法

空亡や天中殺の算出方法は、対象となる六十干支を基にして、その旬に巡らない十二支の二つを導き出すことになります。 対象となる干支がどの旬になるのかを確認することで空亡を確認することができます。 基本は、甲と組む十二支の「前二つ」が空亡となり、癸と組む十二支の「後二つ」が空亡になります。 戊と己は地支が冲する十二支が空亡になります。 十干が前半であれば甲の十二支を参考にし、後半であれば癸の十二支を参考にし、中盤であれば戊と己の十二支を参考にすることで空亡が分かります。 また、空亡は必ず連続する「陽支と陰支」の組み合わせになるため、組み合わせを覚えておけば判断に迷うこともありません。


▼六十干支と空亡

甲子甲戌甲申
甲子甲戌甲申
乙丑乙亥乙酉
丙寅丙子丙戌
丁卯丁丑丁亥
戊辰戊寅戊子
己巳己卯己丑
庚午庚辰庚寅
辛未辛巳辛卯
壬申壬午壬辰
癸酉癸未癸巳
空亡戌亥申酉午未

▼六十干支と空亡

甲午甲辰甲寅
甲午甲辰甲寅
乙未乙巳乙卯
丙申丙午丙辰
丁酉丁未丁巳
戊戌戊申戊午
己亥己酉己未
庚子庚戌庚申
辛丑辛亥辛酉
壬寅壬子壬戌
癸卯癸丑癸亥
空亡辰巳寅卯子丑

[四柱推命の空亡の意味]

■空亡(天中殺)の算出方法


■空亡の捉え方と背景

ここでの四柱推命における空亡は、先天的に持つ人生の課題であり、克服すべき弱点として捉えていきます。 四柱推命は、生年月日時から命式を起こし、その人の先天的に持つ能力や性格を推察するものであり、空亡はその人にとって克服すべき人生の課題として捉えます。 この人生の課題と向き合い、克服することで立命することを促すのが、ここでの四柱推命の目的となります。 行運において、空亡となる年月日が巡ることで、人生の課題が露呈し向き合う必要が出てくるとするのを基本とします。 行運において空亡とならなくても、人生の課題であるため、常に意識し克服することが大事になります。


空亡を人生の課題とする際には、どのようなことが課題となるのかを空亡となる十二支により判断します。 この際には、日干と空亡となる十二支の蔵干との関係から通変星を定め、その通変星にあたる内容が人生の課題となります。 同じ十二支の空亡となる際でも、日干が異なることで人生の課題も異なることになります。 また、空亡となる通変星が同じでも、人により解釈や対象が異なることもあるため、慎重に吟味することも大事になります。


▼空亡における人生の課題

空亡における人生の課題

▼主干「甲乙」の空亡における課題

空亡蔵干
子丑癸己印綬 正財偏印 偏財
寅卯甲乙比肩 劫財劫財 比肩
辰巳戊丙偏財 食神正財 傷官
午未丁己傷官 正財食神 偏財
申酉庚辛偏官 正官正官 偏官
戌亥戊壬偏財 偏印正財 印綬

▼主干「丙丁」の空亡における課題

空亡蔵干
子丑癸己正官 傷官偏官 食神
寅卯甲乙偏印 印綬印綬 偏印
辰巳戊丙食神 比肩傷官 劫財
午未丁己劫財 傷官比肩 食神
申酉庚辛偏財 正財正財 偏財
戌亥戊壬食神 偏官傷官 正官

▼主干「戊己」の空亡における課題

空亡蔵干
子丑癸己正財 劫財偏財 比肩
寅卯甲乙偏官 正官正官 偏官
辰巳戊丙比肩 偏印劫財 印綬
午未丁己印綬 劫財偏印 比肩
申酉庚辛食神 傷官傷官 食神
戌亥戊壬比肩 偏財劫財 正財

▼主干「庚辛」の空亡における課題

空亡蔵干
子丑癸己傷官 印綬食神 偏印
寅卯甲乙偏財 正財正財 偏財
辰巳戊丙偏印 偏官印綬 正官
午未丁己正官 印綬偏官 偏印
申酉庚辛比肩 劫財劫財 比肩
戌亥戊壬偏印 食神印綬 傷官

▼主干「壬癸」の空亡における課題

空亡蔵干
子丑癸己劫財 正官比肩 偏官
寅卯甲乙食神 傷官傷官 食神
辰巳戊丙偏官 偏財正官 正財
午未丁己正財 正官偏財 偏官
申酉庚辛偏印 印綬印綬 偏印
戌亥戊壬偏官 比肩正官 劫財

[四柱推命の空亡の意味]

■空亡の捉え方と背景


■空亡「比肩」の人生の課題と弱点

▼空亡「比肩」の図象

空亡「比肩」の図象

▼空亡「比肩」課題の象意

欠点欠点の解説
対象主体と同等であり自分自身
人物友達のような付き合いができる人
目標奔放な独立精神を秘める開拓者
対人自分 兄弟姉妹 友人同僚 同性
意識向上心 競争心 好奇心

▼空亡「比肩」課題の環境

欠点欠点の解説
能力実行力 決断力
問題比較する 競争 協調性の欠如
環境競争する環境 比較する対象
注意対立 競争 薄情 二重人格
事象競技 競争 運動 比較対象

▼空亡:比肩 課題と克服点の解説

協調性に欠け自己中心的 価値観を押し付ける 表の顔と裏の顔を持つ 周囲に対して厳しく情が薄い


組織の歯車になれない 自分の好きな事に逃げる 興味が湧かないと飽きやすい 自身の価値観を優先する


[四柱推命の空亡の意味]

■空亡「比肩」の人生の課題と弱点


■空亡「劫財」の人生の課題と弱点

▼空亡「劫財」の図象

空亡「劫財」の図象

▼空亡「劫財」課題の象意

欠点欠点の解説
対象主体と同類であり裏の自身
人物喧嘩してもすぐに仲直りできる人
目標狡猾な権謀術数を秘める勝負師
対人自分 兄弟姉妹 友人同僚 異性
意識向上心 競争心 闘争心

▼空亡「劫財」課題の環境

欠点欠点の解説
能力実行力 勝負力
問題勝負する 賭博 協調性の欠如
環境衝突する環境 敵対する対象
注意賭博 散財 強引 敵対勢力
事象賭博 暴力 強引 勝負事

▼空亡:劫財 課題と克服点の解説

表と裏の温度差が激しい 期待が大きく落胆も激しい 目的達成のために手段を選ばない 出費が多い


勝負心が強く安定とは無縁 波が荒く損失も多い 地味な作業はすぐ飽きる 常に動き回り落ち着きがない


[四柱推命の空亡の意味]

■空亡「劫財」の人生の課題と弱点


■空亡「食神」の人生の課題と弱点

▼空亡「食神」の図象

空亡「食神」の図象

▼空亡「食神」課題の象意

欠点欠点の解説
対象主体が生じる才能や表現力
人物表現力が豊かで会話が面白い人
目標潤沢な奉仕精神を秘める表現者
対人目下 男命:妻の両親 女命:娘
意識表現力 同情心 奉仕精神

▼空亡「食神」課題の環境

欠点欠点の解説
能力表現力 奉仕力
問題話が長い 野暮 自制心の欠如
環境主張する環境 奉仕する対象
注意言葉 表現 浪費 過食肥満
事象会話 料理 嗜好品 医薬品

▼空亡:食神 課題と克服点の解説

自制心と忍耐力に欠ける 過食の傾向で太りやすい 誘惑に弱く努力が続かない お節介になりやすい


嫌いなことはやりたくない 忙しい環境に適さず楽を好む 不要な会話が多くなる 常に何かを食べている


[四柱推命の空亡の意味]

■空亡「食神」の人生の課題と弱点


■空亡「傷官」の人生の課題と弱点

▼空亡「傷官」の図象

空亡「傷官」の図象

▼空亡「傷官」課題の象意

欠点欠点の解説
対象主体が生じる秘めたる陰謀
人物会話が盛り上がり容姿が好みの人
目標繊細な表現能力を秘める芸術家
対人目下 男命:妻の両親 女命:息子
意識表現力 同情心 感性

▼空亡「傷官」課題の環境

欠点欠点の解説
能力表現力 芸術性
問題無駄な話 陰口 自制心の欠如
環境表現する環境 教育する対象
注意失言 毒舌 孤立 波乱刺激
事象日記 手紙 表現 芸術作品

▼空亡:傷官 課題と克服点の解説

束縛を嫌い孤立する 自己中心的な発言が多い 好き嫌いが激しい毒舌家 刺激を求め波乱が多くなる


不平不満をよく口にする 社会や環境に対し批判的になる 余計な一言が多い 人間関係では敵が多くなる


[四柱推命の空亡の意味]

■空亡「傷官」の人生の課題と弱点


■空亡「偏財」の人生の課題と弱点

▼空亡「偏財」の図象

空亡「偏財」の図象

▼空亡「偏財」課題の象意

欠点欠点の解説
対象主体が支配する環境や財産
人物独自の価値観に従ってくれる人
目標老獪な経済感覚を秘める商売人
対人父親 養子:同性 男命:妻・愛人
意識支配性 欲望 支配欲

▼空亡「偏財」課題の環境

欠点欠点の解説
能力調査能力 努力
問題某弱無人 豪快 決断力の欠如
環境支配する環境 統率する対象
注意暴力 束縛 父親 詐欺盗難
事象財産 資産 労力 消耗品

▼空亡:偏財 課題と克服点の解説

強引に事を進めて孤立する 金銭があっても浪費する 異性関係の問題が生じる 生活が不安定になる


小さな利益では満足できない 大きな危険を常に背負う 変化を好み落ち着かない 利益や数字を優先する


[四柱推命の空亡の意味]

■空亡「偏財」の人生の課題と弱点


■空亡「正財」の人生の課題と弱点

▼空亡「正財」の図象

空亡「正財」の図象

▼空亡「正財」課題の象意

欠点欠点の解説
対象主体が管理する環境や金銭
人物真面目に働き収入を得ている人
目標温厚な博愛精神を秘める人格者
対人父親 養子:異性 男命:妻・正妻
意識支配性 欲望 指導欲

▼空亡「正財」課題の環境

欠点欠点の解説
能力調査能力 真面目
問題自己中心 強引 決断力の欠如
環境管理する環境 指導する対象
注意金銭 投資 父親 貯蓄打算
事象金銭 貯蓄 労働 日用品

▼空亡:正財 課題と克服点の解説

金銭の感覚が繊細で打算的 安定志向で刺激に欠ける 真面目過ぎて融通に欠ける 社会の歯車になる


冒険心や開拓力に欠ける 安定を好むため向上心に欠ける 不規則な状況に適応できない 融通が利かない


[四柱推命の空亡の意味]

■空亡「正財」の人生の課題と弱点


■空亡「偏官」の人生の課題と弱点

▼空亡「偏官」の図象

空亡「偏官」の図象

▼空亡「偏官」課題の象意

欠点欠点の解説
対象主体を支配する激しい圧力
人物義理堅く改革心を内に秘める人
目標執拗な革命思想を秘める改革者
対人上司 犯罪者 女命:夫 男命:息子
意識自制心 理性 悩み 悪心

▼空亡「偏官」課題の環境

欠点欠点の解説
能力服務能力 改革力
問題被害妄想 反抗 自立心の欠如
環境服従する環境 崇拝する対象
注意業務 支配 波乱 事件事故
事象義務 組織 規律 危険物

▼空亡:偏官 課題と克服点の解説

我慢の限界を超えると豹変する 時折人生が激変する 競争心が強く敵が多い 組織に対して反抗する


権力志向で上下関係に厳しい 権力を能力と勘違いする 自尊心が強く謝罪ができない 妙に態度がでかい


[四柱推命の空亡の意味]

■空亡「偏官」の人生の課題と弱点


■空亡「正官」の人生の課題と弱点

▼空亡「正官」の図象

空亡「正官」の図象

▼空亡「正官」課題の象意

欠点欠点の解説
対象主体を管理する社会的地位
人物常識的で名誉と仕事を尊重する人
目標忠実な服務精神な秘める努力家
対人上司 指導者 女命:夫 男命:娘
意識自制心 道徳心 社会性

▼空亡「正官」課題の環境

欠点欠点の解説
能力服務能力 忍耐力
問題四角四面 臆病 自立心の欠如
環境服務する環境 尊敬する対象
注意見栄 服務 地味 努力忍耐
事象責務 服務 規則 立場 神仏

▼空亡:正官 課題と克服点の解説

柔軟性や面白味に欠ける 保守的で優柔不断になる 冒険心が無く好機を逃す 見栄っ張りで孤立する


保守的で冒険心に欠ける 社会的な肩書を尊重する 組織や上司には逆らえない 真面目で融通が利かない


[四柱推命の空亡の意味]

■空亡「正官」の人生の課題と弱点


■空亡「偏印」の人生の課題と弱点

▼空亡「偏印」の図象

空亡「偏印」の図象

▼空亡「偏印」課題の象意

欠点欠点の解説
対象主体を援助する独創的感性
人物熱狂的で個性的な趣味が合う人
目標特異な創造能力を秘める人気者
対人母親 恩師 先輩 支援者 義母
意識情報 知識 心労 忍耐

▼空亡「偏印」課題の環境

欠点欠点の解説
能力企画力 柔軟性
問題八方美人 遊惰 向上心の欠如
環境悦楽ある環境 寵愛する対象
注意妄信 怠惰 母親 悪事加担
事象建物 嗜好品 乗物 不動産

▼空亡:偏印 課題と克服点の解説

考え過ぎて気苦労が絶えない 忍耐力に欠けて飽きやすい 不安定な人生になる 孤独感を抱きやすい


一般的な価値観が通用しない 精神が満たされないと非効率 持論を押し付ける 独特過ぎて理解されない


[四柱推命の空亡の意味]

■空亡「偏印」の人生の課題と弱点


■空亡「印綬」の人生の課題と弱点

▼空亡「印綬」の図象

空亡「印綬」の図象

▼空亡「印綬」課題の象意

欠点欠点の解説
対象主体を支援する豊かな才能
人物受け入れ許してくれる心優しい人
目標多才な知的能力を秘める優等生
対人母親 恩師 先輩 支援者 生母
意識情報 知恵 癒し 許し

▼空亡「印綬」課題の環境

欠点欠点の解説
能力企画力 想像力
問題他力本願 怠惰 向上心の欠如
環境愛情ある環境 敬愛する対象
注意迷走 惰性 母親 誘惑依存
事象土地 衣料品 乗物 不動産

▼空亡:印綬 課題と克服点の解説

依頼心が強く甘え癖がある 一度依存すると泥沼化する 忍耐力に欠け誘惑に弱い 悪事に手を染める


私生活と仕事が混同する 考え過ぎて気苦労が絶えない 周囲を優先して自分が後回し 地に足が付かない


[四柱推命の空亡の意味]

■空亡「印綬」の人生の課題と弱点


■きつねの四柱推命からのご案内

四柱推命でも基準としている人類が研究し続けてきた「暦」(干支暦)という叡智から、世の中の世相と時流を読むことを目的とした開運メルマガを配信中しております。 世の中の運勢の傾向や時の流れを把握することにより、「運」という目に見えないものを察知し、好機を掴むことが目的の内容になります。


■きつねの四柱推命からのご案内